日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新宿 四谷 まぶたの痙攣

 

 

パソコンやスマートフォンの普及で、

 

今は昔に比べて、本当に目を酷使する時代ですよね。

 

 

あなたも目が疲れているのではないでしょうか?

 

 

 

休憩もはさまず、ずっーとパソコンやスマホを使っていると

 

目元がピクピク痙攣することがあります。

 

 

 

「放っておけば、すぐおさまる。」

 

 

と思いながら、なかなか痙攣が終わらないことも。

 

 

 

まぶたの痙攣の原因は様々です。

 

 

・パソコン、スマホのやりすぎ。

 

・寝不足

 

・疲労

 

 

あまりに頻繁に痙攣が起きるようなら、脳に異常がある場合もあるので、1度検査されることをお勧めします。

 

 

ただ、ほとんどの場合は生活習慣からくるのが原因。

 

 

そして上記以外の原因で起こる時があります。

 

 

それは、過度のストレスがかかった時。

 

 

顔には顔面神経と呼ばれる、運動神経があります。

 

 

Wikipediaより

 

 

それが顔の筋肉を動かしているのです。

 

 

この顔面神経、ストレスを感じると異常に昂ぶってしまうのです。

 

 

自律神経の交感神経が過度に活発になっている状態です。

 

 

それがまぶたの痙攣として出てきてしまっているのですね。

 

 

私自身、不安障害を患っていた時には、頻繁にまぶたが痙攣していました。

 

 

当時はストレスが原因とは思ってもみなかったですが・・・。

 

 

身体がストレスを感じると、常に身体に力が入っている状態になります。

 

 

 

人は健康に過ごすためには、「気・血・水」が巡っていなくてはなりません。

 

 

 

 

身体に力が入ってしまうと、「気・血・水」が巡らなくなってしまうのです。

 

 

こうなる状態を、「身体が硬直している」と表現します。

 

 

 

 

まずは、身体の硬直をほどき「気・血・水」を身体のすみずみまで巡らせる必要があります。

 

また、ストレスを感じて一番硬直するのが

 

蝶形骨という骨。

 

Wikipediaより

 

 

頭のほぼ、中央に位置する骨。

 

目の奥にある骨のことです。

 

 

この骨が硬直し、歪むことでまぶたの痙攣が頻繁に起こります。

 

 

身体全体をそして、蝶形骨の硬直を取り、歪みを治すことで

 

 

自然とまぶたの痙攣は改善していきます。

 

 

まぶたの痙攣の原因はストレス。

 

 

それを放っておくと、ストレスが身体をむしばみ

 

 

自律神経の様々な不具合、強いては、うつ病を発症してしまいます。

 

 

自分ではストレスを感じていなくても、まぶたが痙攣するようなら

 

それは身体が教えてくれているのかもしれません。

 

 

 

気功施術で、身体全体の硬直を取り、蝶形骨の歪みを改善することで

 

自律神経失調症、うつ病は防げるのです。

 

 

 

 

新宿 四谷 痙攣 なら自律神経専門気功整体 上氣元にお任せください。

 

自律神経の改善に役立つ情報をお届けします。

 

 

「お医者さんも知らない自律神経改善法」

 

 

こちらのブログでは書けないこともお伝えしていきますのでご期待ください。

 

無料ですので、どうぞお読みください。