日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

気功整体によるうつ病へのアプローチ

 

一般的にうつ病というのは、著しい気分の低下、体力の低下がある症状です。

 

 

心身共に低下してしまったエネルギーを回復させようというのが、一般的なうつ病の治療です。

 

 

しかし気功的にみるとそうではありません。

 

 

活動モードの交感神経。

 

 

リラックスモードの副交感神経。

 

 

このバランスが崩れることを、自律神経失調症と言います。

 

 

うつ病の場合も、当然自律神経の乱れがあります。

 

 

うつ病の場合、ストレスや過緊張で過剰に活動してしまった交感神経に問題があるのです。

 

 

仕事や家事、人間関係や会社関係で一生懸命、完璧にこなそうとします。

 

 

普通の方が「まあ、いいだろう」と思えることまで、「まだ、まだ!」と徹底的に答えや結果を出そうとします。

 

 

これでは、リラッスクモードの副交感神経が出てきませんよね。

 

 

そのような生活が何年も続きます。

 

 

活動モードの交感神経が、ずっと出ている状態。

 

 

休むことなく走り続けている状態なんですね。

 

 

人の身体は、潜在意識という命を守る意識があります。

 

 

このまま活動させていては、命にかかわる。

 

 

潜在意識が身体に命令を出し、人が本来持っているすべての感度を下げ、命を守っている状態なのです。

 

 

これが周りから見ると、著しい気分の低下、体力の低下がある症状、いわゆるうつ病に見えるのです。

 

 

うつ病の症状は命を守るため、五感すべての感度を下げている状態なのです。

   

 

ストレスというのは、目に見えません。

 

 

しかし、ストレスを抱えると昔から言いますよね。

 

 

見えないにも関わらず。

 

 

キラーストレスと言う、ストレスを抱えすぎると命にまで影響することが、医学界でも問題になっています。

 

 

人には2つの意識があります。

 

 

自分で分かる意識、顕在(けんざい)意識。

 

 

自分で自覚できない意識、潜在(せんざい)意識。

 

 

自分の意識、顕在意識でイヤなことがあると、潜在意識に毒の波長として入り込みます。

 

 

この毒がいっぱいな状態が、一般でいうストレスを抱えた状態なのです。

 

 

ここから、さらに顕在意識でイヤことがあると、毒の波長がいっぱいいっぱいに。

 

 

この状態がうつの状態なのです。

 

 

これ以上、潜在意識に毒が入ってきたら命に関わる。

 

 

ですのでこれ以上、潜在意識に毒が入らないよう感度を落としているのです。

 

 

私の行う気功整体では、この毒の波長に気を当て消していきます。

 

 

そうなれば、徐々に心身ともに安定していきます。

 

 

交感神経と副交感神経のバランスが整っていくのです。

 

 

これが気功整体による、うつ病へのアプローチです。