日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

今ではほとんどの方が腰痛に悩まされています。


その原因は様々で、発達して今の医学でもなかなか完治いたしません。


ある説ですと腰痛の80%の原因はストレスから来るとも言われています。


私の治療院でも多くの腰痛の方を診てきましたが、ある共通したことがあると判明しています。


それは、普段の生活でストレスが溜まり、からだ全体の極度の硬直により起こるものです。


硬直と言う言葉を聞きなれないかもしれませんが、肩が凝るなどの言葉があるように「凝る」状態がより一層ひどくなった状態です。


この硬直により姿勢が崩れ、腰に負担が掛かり痛みを発症します。


なので腰だけにフォーカスしても、痛みを取り除くことは出来ません。


病院では一切この「硬直」に対して何の治療も施しません。


これでは治るものも治らないのは当然です。


気功施術では唯一この「硬直」を取ることが出来るのです。


筋肉には三種類あり、簡単に言うと浅い所、中間の所、深い所にある3つに分かれています。


浅い所にある筋肉が俗に言うアウターマッスルと言われる場所。


一番大きな筋肉で鍛えればマッチョな身体になる筋肉ですね。


深い所にある筋肉が俗に言うインナーマッスル。


主に姿勢を維持する時に使われる筋肉です。


そして中間にある筋肉。


この中間にある筋肉を中層筋と言うのですが、とても大切な働きをします。


・心臓の鼓動を行う

・血液を循環させる

・呼吸をさせる


間違いなく体内で最も重要な筋肉です。


その重要な中層筋に位置する場所に、下後鋸筋(かこうきょきん)なる筋肉があります。


腰痛を抱えている殆どの方が、ここが硬直している為に起こるのです。


ここの硬直を徹底的に取り除き、緩めることで腰の痛みは確実に取れます。


ぎっくり腰を患い、炎症が治まっているにも関わらず歩けない方を施術した所、その日のうちに外に出歩けるようになった事例もあります。


背中全体の硬直を取り、さらに時間をかけて下後鋸筋(かこうきょきん)の硬直を取る。


どこに行かれても取れない腰痛に気功施術は、最大限の効果を発揮するものと思います。