日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新宿 四谷 足の痛み

 

 

東洋医学では、足の痛みは「食べ過ぎ」によるものが大きく関係しています。

 

 

太古の昔、狩猟で生活をしていました。

 

 

その時に、食べ過ぎてしまった身体は消化をしなければいけません。

 

 

なので、満腹感を脳に感じさせ、動けなくするのです。

 

 

さらに、そこからまだ食べてしまうようなら、身体に毒として溜まっていきます。

 

生活習慣病の原因とは?

 

 

 

基本的に人間は、頭、体幹部分があれば、人は生きていけます。

 

 

逆に、ここに毒があると命に関わってきます。

 

 

なので、なくなっても命に関わらない、手足に毒を持っていくのです

 

足を痛くして、狩りに出かけないようにする身体からのサインだったのです。

 

 

それが現代では、足が痛くても食べ物を調達できます。

 

 

電話一本でなんでも食べれてしまいますよね。

 

 

そこで足が痛いのに、また食べてしまい、さらに身体に毒を入れてしまっています。

 

 

これが生活習慣病の原因です。

 

膝の痛みにはもう1つの原因がある。

 

 

毒出しが追い付かない現状なのです。

 

 

1つの例えですが、糖尿病になると手足から腐ると言いますよね。

 

 

あれも、頭、体幹の毒を手足に持ってきているために起こります。

 

 

頭、体幹にあれば命に関わるような、毒だからです。

 

 

 

さらに現代人にとって、足の痛みの理由はもう1つあります。

 

 

それが「ストレス」

 

 

ストレスを感じるような場所に行かなければならない時、足を痛くして行けないようにするのです。

 

 

よく、子供が学校に行きたくない時に、本当に熱を出すことがあります。

 

 

それが、大人になると足に出る場合があるのです。

 

 

あなたのその足の痛みは、会社に行きたくない心理的な所から来ているのかもしれません。

 

 

 

人は「嫌だ!」

 

 

と思ったら、自分では意識できない意識、潜在意識(無意識)に毒が溜まります。

 

 

この毒が自律神経を乱す原因なのです。

 

 

 

病院に行っても治らない、足の痛み。

 

 

それはストレスから来ているのかもしれません。

 

 

この毒を気功で取り除くことにより、足の痛みも改善されていきます。

 

 

 

 

新宿 四谷 足の痛み なら

 

自律神経専門気功整体 上氣元にお任せください。

 

 

 

自律神経の改善に役立つ情報をお届けします。

 

「お医者さんも知らない自律神経改善法」

 

無料ですので、どうぞお読みください。