日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新宿 四谷 首のストレッチ(動画)

 

 

自律神経の不調に大きく関わっている首こり。

 

 

上気元に来られる方の95%以上が、首のこりを訴えています。

 

 

なかでも、うつ病、パニック障害の大きな原因の一つとされています。

 

 

現に、パソコンが爆発的に普及した2002年から、メンタル不全を訴える方も爆発的に増えたと言われています。

 

 

「首こりを治せばメンタル不全は治る。」

 

 

そう断言しているお医者さんもいるくらいです。

 

 

 

首を温めることで、首のこりは解消していきます。

 

 

自律神経の不調を感じている方は、ぜひ意識してもらいたのです。

 

 

濡らしたタオルを電子レンジで20秒~40秒温めて、首に当てるだけでも全然違います。

 

 

仕事から帰ってきたら、温めることを習慣にしてもえればと思います。

 

 

なかでも、首にある筋肉

 

 

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)。

 

 

wikipediaより

 

 

 

 

この筋肉の周りには、身体の老廃物を外に出すリンパが多く密集しています。

 

 

また、副交感神経と直結されています。

 

 

 

ですので、ここの筋肉が硬直していると副交感神経が働かず、老廃物が排出されないため自律神経のバランスが崩れてしまいます。

 

 

胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)はアゴと繋がっています。

 

 

 

自律神経の不調を訴える方に、顎関節症が多いのもそのため。

 

 

胸鎖乳突筋をほぐすことが、自律神経の改善に繋がります。

 

 

胸鎖乳突筋をほぐすストレッチを動画で解説しています。

 

 

 

首は大事な神経が集まっている場所。

 

 

 

力まかせに揉んだり、ストレッチするのは絶対やめてください。

 

 

 

 

 

首は

 

「温める」

 

「ゆっくりストレッチする」

 

この2つが大事です。

 

 

胸鎖乳突筋のストレッチを動画で説明しています。