日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

半身浴のすすめ。

自律神経専門気功 上気元 小坂です。


もうすっかり定着していると思われた「半身浴」。


まだまだ知らない方がいっぱいいますので、普及に努めます(笑)


頭寒足熱と昔から言われますが、


下半身が上半身より温かいと気・血・水がうまく循環します。


良く「私は冷え性じゃない。」と言う方がいますが


元々人は上半身が37℃前後に対し足元は31℃まで下がっています。


そう考えると人は元々冷えを持っているのです。


足元が冷えていると、


足元まで下がった「気・血・水」がそこで停滞してしまいます。


溜まった水たまりの水が腐るように、


「気・血・水」も循環させなくては身体に良いことはありません。


そこで半身浴なのです。


38℃~39℃の温度で、おへそからみぞおちの間の水位でお湯をはります。


この温度より低いと体温と一緒なので温まりません。


逆にこの温度より高いと身体が危険な熱さだと判断して身体の芯まで熱を通しません。


強火で肉を焼いた時、外は焦げているのに中は生だったと言うことと同じです。


この温度は絶対守ってくださいね~。


入浴時間は最低でも20分以上です。


それ以上でしたら温度に気をつければどんなに入っていても大丈夫です。


入っている内に額からじんわり汗が出て来ます。本当に芯から温まってきた証拠です。


身体の毒は元より、これにより心の毒も出て行きます。


日頃、会社でストレスを抱えている方や、


家庭でストレスが溜まっている方、


そして心の病気で生きることに不具合を感じている方に


ぜひぜひ、お勧めしたいのです!


騙されてと思って、1週間続けてみてください! 気持ちが凄いスッキリします!!