日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新型うつ病に対する考え

自律神経専門気功 上気元 小坂です(^-^)/


この間、芸能人の方が新型うつ病についてつぶやいて炎上なんてニュースがありました。


「怠けている」とか、「甘えているだけ」のようなことを書いて炎上したようです。


新型うつ病の特徴

 

自分の好きな仕事や趣味の時だけ元気になる。

 

うつ病と診断されて休職することにあまり抵抗がない。

 

自責感に乏しく責任を他者に転嫁する傾向がある。


確かに仕事休んで、飲み会や旅行には行けるのだからそう思われても仕方ないと言えば仕方ないかも?


私も最近までこの芸能人の方と同じ考えだったのですが、真実はちょっと違うようです。


少し新型うつ病について色々調べてみました。


因みに心理学上で新型うつ病という言葉はなく、メディアが勝手に作った言葉だそう。


あるお医者さまの見解なのですが、新型うつ病=拒絶過敏症ではないかと言うことです。


拒絶過敏症:無意識の内に嫌な体験をした場所の雰囲気や光景が頭に叩きこまれる。


仕事で上司に注意され、ひどくショックを受け、その時受けた情景や光景が全て恐怖の対象になってしまう。

 


赤い花が飾られていた。 床の色が黒かった。 人が向き合って座っていた等。


これって・・・異常反応じゃないですか(笑)


異常反応についてはこちら


ただ異常反応は2才過ぎるとほぼ作られることはないので、トラウマと言った方が良いですね。

 


なので、仕事場には出れないが飲み会や旅行には行けるということです。


ただトラウマになってしまっているので、

 

飲み会や旅行先で赤い花や黒い床、人が向き合って座っている等の光景に出会った時、激しく落ち込んだり、イライラして攻撃的になります。


気功の世界でトラウマとは、記憶に入り込んだ心の毒なのでその毒を抜いてしまえば良いのです。


トラウマを解消してしまう気功を施術すれば、

ただの記憶になり赤い花見ようが、黒い床を見ようが、

人が向き合って座っていようが、

落ち込むこもイライラして攻撃的になることもありません。


新型うつ病と言われるこの症状にはかなり有効です。


ただこの症状、20代30代が殆どだそうです。

 


育ってきた環境、文化などが多大に影響しているように思います。