日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

上気元では一人一人に合わせた施術を行います。

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

自律神経改善は小さなことから。5

自律神経専門気功 上気元 小坂です(^-^)/


「ちょっと無理したらできそう!」の第5弾です~!


少し前にサッカーの本田圭祐選手がアジアカップで審判を批判し、問題になったことがありました。


この時の発言で最初に、


「こんな事にエネルギーを使いたくないが・・・」と言っていたのが、非常に印象に残っています。


気功の立場からすると、


あなたが今日使えるエネルギーは無限ではないのです。


このエネルギーの使い方を間違えると自律神経を大きく乱します。


昔の僕でしたら、人前で文字を書くと震えてしまう書痙で悩んでいた時は、


「震えて書けない。どうしよう!どうしよう!」


こうやって心配することに凄いエネルギーを使っていたのです。


そして疲れ果て一日が終わる・・・(>_<)


本田選手は目標にエネルギーの全てを使いたいからこそ、冒頭の発言が出たのだと思います。


審判批判するエネルギーがもったいない。


分かっていながら批判したのだから、よっぽど酷かったのですね(笑)


そのエネルギーを大切に使うにはどうしたら良いか?


それは「メモに書く。」


朝起きてから、今日やるべきことを全部メモに書くのです。



朝1回考えれば良いので、非常に楽ですよ(^O^)/


 

朝何も書かないで行動すると、


「次何やろうかな?」


「あと、何やるんだっけ?」

 


一日に何回も悩むので、それだけでエネルギーを消費して疲れてしまいます。


めちゃくちゃ勿体ないです!



「朝起きて、今日やるべきことを全部メモに書く。」

 


皆さんもぜひ実践してみてくださいヽ(゚◇゚ )ノ


いちいち考えるのが嫌いな気功施術師 小坂がお送りしました~。