日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

上気元では一人一人に合わせた施術を行います。

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

後悔するのはいいけど・・・。

自律神経専門気功 上気元 小坂です(^-^)/


したくないけどしてしまう・・・「後悔。」


ただこれも、次の行動を正すのに時には必要です。


しかし、度が過ぎる後悔には注意しましょう!



例えば


飲み会で、「言ってはいけないことを言ってしまった。」


仕事でミスして、「また皆に迷惑かけてしまった。」


肉を食べれば、「消化に悪いものを食べた。」


コーヒーを飲めば、「胃に悪いものを飲んでしまった。」


ケーキを食べれば、「また太るものを食べてしまった。」


この様に後悔ばかりしていると、後悔癖がついてしまうのです(>_<)


行動よりも、後悔自体を気に病むと言う、ややこしいことになります( ̄_ ̄ i)


「あ~また後悔している。」


「あ~またくよくよ考えている。」


こうして自己嫌悪や自己否定が忍び寄ってくるのです。


後悔とは「後になって悔やむ」と書く。


今の自分は冷静で、過去の自分を見つめる行為です。


そうなのです!


「後悔する。」と言うことは、過去の自分を見つめるだけの精神的余裕がある証拠ヽ(゚◇゚ )ノ


本当に辛く、悲観しているならば今が苦しいはず。


後悔している余裕がないのです。


このブログを読んだあなたがもし、後悔してしまった時は


「あっ精神的にまだ余裕あるわ~。」


なんて思い出してもらえると嬉しいです♪


アーモンドチョコレートの食べ過ぎで、少し後悔しながら書いたブログでした~(笑)