日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

自律神経改善に西も東もない。

新宿 四谷 自律神経専門気功 上気元 小坂です(^-^)/


西洋医学で認知療法なるものがあります。


この認知療法の認知とはどのようなものでしょうか?


同じ景色を見ても人によって認知の仕方はそれぞれ。


例えば、子供が不登校という事を認知した場合。


「これでは高校に行けない。」


「学歴があってこそ幸福になれる。」


「このままでは将来ろくなものにならない。」


「自分の子育ては失敗。」


そういう風に推論するから、


情けなったり、


悲しかったり、


途方に暮れたりする。


そうではなく、また違った理論がある。


「ノーベル賞を取った人は不登校だった人が多いから、この子も将来そうなる。」


「この経験はこの子の将来に良い影響を与えるだろう。」


などと考えればまた違った感情になる。


「人は起こったことに対して、主観的に意味づけを行いそれに応答し行動する。」


そのような定義がある。


難しい表現を使ってますが、


気と言う言葉で表現させてもらえば、


「気に掛かる。」


「気が気でない。」


「気楽にいく。」


「気の持ちよう。」


「気分良く。」


という所でしょうか(^_^)v


西洋医学でも、感情は非常に重要視しています。


人は元々ネガティブに考えます。


症状治の改善に西洋、東洋問わず「気持ち。」が一番大事なのです。