日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新宿の自律神経気功整体「自律神経改善は小さなことから7」

新宿の自律神経専門 気功整体 「上気元」 小坂です(^O^)/



今回は「ちょっと無理したら出来そう!」の第7回目です。



第7弾は・・・「燃やす!」



何を?と答える前に少しこの話をさせてください。



人は頭で考えたことを、口に出すことで初めて形として表れます。



「好き。」と言う気持ちを声に出して言うことにより、初めて相手に「好きだー!」の気持ちが伝わります。



「カレーが食べたい!」と思っていても、「ラーメンください。」と言ったらカレーは食べられません(>_<)



思っているだけや考えてただけでは、なかなか望むものは手に入らないのです( ̄_ ̄ i)



願望を口に出して言うことで、初めて現実に近づきます。



今回のテーマは、手に入れることではなく、手放すことでやってみよう!です。


心の中にマイナスな感情が出てしまったら、それを紙に書いてみましょう。



「人前で文字を書いて震えてしまい、みんなから笑われ情けない小坂」


「電車で過呼吸になってしまった私」


「緊張して声が出なくなってしまった僕」等。




他人に見せることはないので、思いっ切りマイナスな感情を込めて書いてしまいましょう!



書いている間に自分が嫌いになるくらいに、細かく書いた方が効果があります。




ちょっとイヤになりますが、ここは頑張ってください!



書き終わったら、その紙に書いたことを声に出して言ってみます。



「人前で文字を書いて手が震えてしまい、みんなから笑われ情けない小坂」



そして、「そんな自分は燃えてなくなった。」と声に出して、その紙を燃やしてしまいましょう!


燃やす所がなかったら、細かく破り捨てても構いません。



「そんな自分は燃えるゴミの日に出した」。



シンプルな方法ですが、自分の嫌いなことを書き出して燃やす。


または破り捨てる行動を取ることでかなりの改善が期待できるのです。


ぜひぜひお試しください♪