日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新宿の自律神経気功整体「身体の歪みを取る」

新宿の自律神経専門 気功整体 上気元 小坂です。



自律神経系の症状で悩んでいる方の多くに体の歪みがあることが原因の場合があります。



放っておくと、歪みは体に一部ではなく全身に影響しますので、自覚症状がある場合は早めの対処が必要です。



一つの症状ではなく、複数の症状が出てしまうのもやっかいです。



例えば腰痛で悩んでいると、他にも肩こり、首痛、痛みが慢性化して睡眠障害を併発することもあります。



自覚症状がない場合でも、歪みが神経を圧迫し血流が悪くなり血行不良を起こします(>_<)



手足の冷えはその典型的な症状です。



まずは体を芯から温めることが重要になってきます。


そのために、一番のお勧めは半身浴です。<冷え取りの勧め



また歪みを予防するのに、



・いつも同じ手でカバンを持たない。
・立っている時にいつも同じ足に重点をおかない。
・いつも同じ方の足で組まない。



ちょっとした意識で体の歪みを防げる場合があります。



メジャーリーガーのダルビッシュ投手やイチロー選手も利き腕でない方でキャッチボールしたり、バッティングの素振りをしています。


あの練習も片方ばかり使い、体の歪みが出るのを防いでいます。



たまには、利き腕でない方でお箸を持って食事するのも良いかもしれませんね!



少しイライラしそうですが(笑)



お問い合わせ・ご質問はこちら。

メモ: * は入力必須項目です


お電話はこちら。