日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新宿の自律神経気功整体「自律神経改善は小さなことから8」

新宿 四谷 自律神経専門 気功整体 上気元 小坂です(^-^)/



「ちょっと無理したら出来そう!」の8回目。



あなたにはこんな思考が根底にありませんか?



気づけば 「難しい言葉を使っている。」



例えば、
・この症状は命がけで取り組まないと改善しない。
・この病気は腹をくくらないと治らない。



こうして<難しい覚悟がいる言葉>を投げかけることにより、自分を鼓舞するのはわかります。


ただ、

「命がけで取り組んでいるのだろうか?」
「腹をくくっていないのでは?」
「何も犠牲にしていないのでは?」



必ずネガティブな感情がひょっこり顔をのぞかせます ( ̄_ ̄ i)



気づけば、「もっともっと!」と自分を追い詰め、肝心の症状は改善していない。



自分を追い込むことが目的になってしまっていることがあります。



これでは本末転倒ですよね?



そうです!今回は・・・「簡単な言葉を使う。」



命がけ→笑顔(この症状は笑顔で取り組まないと改善しない。)
腹をくくる→エンジョイ(この病気はエンジョイしないと治らない。)



どうでしょうか?



こっちの方がやる気になりませんか?



ネガティブな難しい言葉が出てきてしまったら、ポジティブな簡単な言葉に変換しちゃいましょう!




お問い合わせ・ご質問はこちら。

メモ: * は入力必須項目です


お電話はこちら。