日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

上気元では一人一人に合わせた施術を行います。

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新宿の自律神経専門 気功整体「ベッカムも強迫性障害」

新宿 四谷 自律神経専門 気功整体 上気元 小坂です。

自律神経系の心の病の一つである強迫性障害。

 

不安・恐怖を打ち消すために何度も何度も確認作業をしたり、儀式行動をしたりする不安障害のことです。

 

何かを触るたびに、手が汚れてしまったのではないかと不安になり何度も何度も手を洗ってしまう

「潔癖症」

 

 

家の鍵やガスコンロなどの確認作業を何度も何度も確認してしまう

「確認行動」


 

身の回りのコードやリモコンなど、決まった位置にないと不安になる

「配置不安」



発症する方の特徴として、几帳面・完璧主義の傾向があると言われています。

 

自分だけじゃないか? 私だけじゃないの?

 

そう思われている方もいるかもしれません。

 

決してそんなことはありません!

 

あの、サッカー元イングランド代表ディビット・ベッカムもそうなのです。




ベッカムの場合、



・冷蔵庫にコーラを入れる時一つ多すぎると思ったら、その缶を棚にしまわないと気が済まない。



・なんでもペアになっていて真っ直ぐでないと落ち着かない。



・ホテルに置いてある雑誌を棚に入れないとリラックスできない。等。



気功から見た強迫性障害は、必ず過去にあった出来事が原因と考えます。


例えば、母親が家を掃除しないので家が汚い→母親は汚い→その汚い母親が料理を作る→食べれなくなる→他の人の手料理も食べられなくなる。



こうして思い出の中に毒が入ってしまっているのです。



その毒を念入りに一つ一つ取り除けば、少しづづ症状は改善していきます。



気づけば、「あれ?人の作った料理を食べてる。」


そう言えばベッカムの場合、この完璧すぎる完璧主義がサッカーに良い方に作用したのでしょうか?



今度ランチした時に聞いておきます(笑)



自律神経の症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

メモ: * は入力必須項目です

お電話はこちらから。03-5379-8505