日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新宿の自律神経専門気功整体「カレーは飲み物が自律神経を壊す」


新宿 四谷 自律神経専門 気功整体 上気元 小坂です。


【カレーは飲み物が自律神経を壊す】


昔は「早メシ早〇〇芸のうち」と言われていました。


小坂も小さい時から早食いでしたね~。


注意されると、「芸のうち!」言ってた記憶が・・・。


芸人でもないのに(笑)


その伝統芸?が自律神経にはとっても悪いのです。


交感神経と副交感神経のバランスが崩れるとことを、自律神経失調症と言います。


実は食事している時は、副交感神経が優位になる時間なのです。


がっ!


あろうことか、早食いは交感神経を活発にしてしまう作用があるのです!



早食いの人でドーンと構えてる方っていないですよねー。


せっかちに動いている方がほとんどです(>_<)


唾液が出ることで、副交感神経が優位になります。


早食いの人は良く噛まないので、唾液がでません。


それにより、ずっーと交感神経が優位のまま。


これでは自律神経が乱れても仕方がないことなのです。


良く噛んでゆっくり食事をすることは、ご自分の意識で出来る範囲です。


ぜひ、ゆっくり食事するこを心がけましょう。


確かに些細なことかもしれません。


しかし自律神経改善には必要なことです。


自律神経に関するお悩み・ご質問がありましたら下記からご連絡ください。



※メールが届いていないお問い合わせが頻繁におこっています。 info@shinkiryou.jp からの受信が出来ますよう設定をお願いいたします。 今までメールの返事がない場合ご連絡してもらえば再送させてもらいます。



日本でもっとも売れているねこ背本「ねこ背は治る!」の著者、小池義孝氏から直接修得。


<日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会>


認定セラピスト・認定講師が行なう完全無痛の「ねこ背改善プログラム」


施術前後の写真をブログまたはホームページに載せてもOKな方には、通常12000円の施術が9900円で受けられます。


顔だしNGな方はモザイクをかけますので安心してください。



私の師匠、一義流気功 小池義孝先生の本格気功が無料で学べるチャンスです!

(小坂の紹介と伝えてくだされば、分からない所があればフォローいたします。)


詳しくは↓のバナーをクリックしてください♪

自律神経専門 気功整体 上気元 ホームページ  http://www.joukigenseitai.com/