日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新宿の自律神経専門気功整体「場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)という症状を知ってください。」

 

新宿 四谷 自律神経専門 気功整体 上気元 小坂です。



【場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)という症状を知ってください。】

 

 

場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)という、症状があります。


家族とは普通に会話ができるのに、学校では話すことができない。


また、緊張する場面や不安な場所にいると、声が出なくなってしまう。


小学校に入ると、その症状が顕著に表れると言われています。


「内気な子」


「頑固な子」



などの言葉で片づけられてしまいますが「しゃべらない」のではなく、「しゃべれない」症状です。


本人はしゃべりたいのに、しゃべれない。


さぞ、お辛い状況だと思います。


小坂が小学生のころ、普段はすごく活発でクラスの人気者なのに、教科書を立って読むとなると、固まって読むことができない友達がいました。


今思えば、場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)だったのではないでしょうか?


大人になっても、場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)で悩まれてる方が非常に多いのです。


家では話せるのに学校・会社では話せない
“大人の緘黙(かんもく)症”の知られざる苦悩



恥ずかしながら、小坂も最近までこの症状を知りませんでした。


フェイスブックでのお友達が


【肉まんプロジェクト 場面緘黙症をしってください】


の投稿をみて、初めて知ったのです。


あなたは、コンビニで「肉まんください。」と言えると思います。


ただ、場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)の方たちは声に出せないのです。


そのため、紙に書いて店員さんに渡します。


「肉まんをください。


私は場面緘黙(ばめんかんもくしょう)です。


緊張や不安で声が出ない場合があります。


よろしくお願いします。」




こうして、肉まんを買うというプロジェクト。


あなたも、そういった場面に遭遇するかもしれません。


紙やペンがない、携帯でメールも打てない状態かもしれません。


そんな時は、場面緘黙(ばめんかんもくしょう)という症状があることを知っておいてください。


この症状を知っている方は少ないです。


そして、確実に苦しんでいる方がいます。


「こんな症状があるんだよ~。」


ぜひ、あなたの周りで広めてくださいませ。


宜しくお願いいたします。


自律神経の改善に役立つ情報をお届けします。


「お医者さんも知らない自律神経改善法」


こちらのブログでは書けないこともお伝えしていきますのでご期待ください。


無料ですので、どうぞお読みください。

 

 

 

自律神経に関するお悩み・ご質問がありましたら下記からご連絡ください。

 

 

※メールが届いていないお問い合わせが頻繁におこっています。 info@shinkiryou.jp からの受信が出来ますよう設定をお願いいたします。 今までメールの返事がない場合ご連絡してもらえば再送させてもらいます。

 

 

 

  

 

 

自律神経専門 気功整体 上気元 ホームページ  http://www.joukigenseitai.com/ 上気元への詳しい道順はこちら→