日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

新宿の自律神経専門気功整体「リンゴ酢やリンゴジュースでもOK!首こり、肩こりにはリンゴを摂ろう。」

 

 

新宿 四谷 自律神経専門 気功整体 上気元 小坂です。

 

 

【リンゴ酢やリンゴジュースでもOK!首こり、肩こりにはリンゴを摂ろう。】

 

 

 

ボクシング漫画の不朽の名作「あしたのジョー」


小坂と同世代の男子ならば、間違いなく夢中になったことでしょう。


主人公矢吹丈と対戦する、ライバル力石徹。


過酷な減量の為、試合後に命を落としてしまうのです。


漫画とはいえ、その減量のすさまじさが強烈で


「ぜったいにボクサーにはならない!」


と小さいながら心に誓ったことを覚えています(笑)


過酷すぎる減量のため、力石が錯乱状態におちいるシーンがあります。


その後、我を取り戻しまわりに言った一言。


「大丈夫です。ただこれだけいただきます。」

 

 

その時に手にしたのがリンゴ。

 

 

リンゴをかじる力石徹

 

 

なぜリンゴだったのでしょうか?


季節が冬だったことを表現したかったのかもしれません。


ミカンだとむいて食べなくてはいけません。


漫画的にそれだと見栄えがよくないのも分かります。


やはりかぶりつけるリンゴがベストなのかな~とは思います。


ですが、


このリンゴ。




もしかしたら意図的にリンゴになった可能性もあるのです。

 

 

それはなぜでしょうか?


身体を酷使すると体内に乳酸という物質がたまります。


それが疲労の原因。


リンゴの酸味はクエン酸とリンゴ酸と呼ばれる成分。


この2つとも疲労を回復させる作用があるのです。


またもう一つの成分


「リンゴポリフェノール」


これにも疲労軽減する効果があり、運動のパフォーマンスが上昇すると言われているのです。


力石徹は知っていましたね(笑)


パソコンやスマフォのやり過ぎで首、肩が凝っている方は非常に多いです。


力石ほどでないにしても、これも乳酸が溜まっている証拠です。


昔から


「リンゴが赤くなると医者が青くなる」


と言いわれます。

 

リンゴは冬が旬ですが、リンゴ酢やリンゴジュースなら一年中手に入ります。

 

 

首こりや肩こりは、栄養を脳に送り込めないので、自律神経の乱れを起こしやすくなります。

 

 

ぜひ、自律神経のためにも、習慣にして摂取してください。

 

 

 

 

自律神経の改善に役立つ情報をお届けします。

 

 

「お医者さんも知らない自律神経改善法」

 

 

こちらのブログでは書けないこともお伝えしていきますのでご期待ください。

 

 

無料ですので、どうぞお読みください。

 

 

 

 

自律神経に関するお悩み・ご質問がありましたら下記からご連絡ください。

 

 

※メールが届いていないお問い合わせが頻繁におこっています。 info@shinkiryou.jp からの受信が出来ますよう設定をお願いいたします。 今までメールの返事がない場合ご連絡してもらえば再送させてもらいます。

 

 

 

 

 

自律神経専門 気功整体 上気元 ホームページ  http://www.joukigenseitai.com/

 

上気元への詳しい道順はこちら→