日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

自律神経失調症の改善をシャラポワ選手から考える

新宿区四谷の自律神経専門気功整体上氣元

新宿区 四谷の自律神経専門 気功整体 上氣元

 

今日の新宿区は暑いですねー!

 

こう寒暖差が激しいと、体調も崩しやすくなります。

 

半身浴で身体を温めて、リラックスしてお過ごしください。

 

【自律神経失調症の改善をシャラポワ選手から考える】

 

マリア・シャラポワ。

 

 

 

あなたも知っていると思います。

 

 

 

ロシア出身のプロテニスプレヤー。

 

 

 

あまりにも有名ですよね。

 

 

 

そしてモデルのような美しさ。

 

 

 

これを読まれている方でファンの方も多いのでは?

 

 

 

そんなシャラポワ選手が、禁止薬物の摂取の疑いにより2年間の資格停止処分になりました。

 

 

 

日本でもニュースになったので、ご存じの方のが多いと思います。

 

 

 

いくら禁止薬物を摂取していたとしてもトップアスリート。

 

 

 

そのトップアスリートの2年間。

 

 

 

それは選手生命を脅かすくらい長い年月だと思うのです。

 

 

 

シャラポワ選手も「不当に厳しすぎる」と異議申し立てをしたそう。

 

 

 

そのニュースはだいぶ前だったので、その後のいきさつは知りません。

 

 

 

ですが、そこからシャラポワ選手のトップアスリートたるお話しが。

 

 

 

その出場停止処分の期間を利用して、アメリカの名門ハーバード・ビジネススクールのプログラムを受講することにしたそうなのです。

 

 

 

小坂の尊敬する元メジャーリーガーの野茂英雄氏。

 

 

 

現役時代にこう言っています。

 

 

 

「YES、NOの決断は早くするようにしています。悩んでいるエネルギーがもったいないので。」

 

 

 

シャラポワ選手も「なんで禁止薬物に手を出してしまったのだろう。」

 

 

 

そんなことを毎日考えていたなら、きっと自律神経失調症を発症し、メンタル不全になっていると思います。

 

 

 

人は過去にとらわれると、必ずメンタル不全に行きつきます。

 

 

 

大切なのは「今どうするか?」

 

 

 

ここにエネルギーを使えるかで自律神経失調症の改善も違ってきます。

 

 

 

禁止薬物うんぬんは、然るべきところで裁かれます。

 

 

 

今回のシャラポワ選手の行動、見習うところがあります。

 

 

 

置かれた状況は最悪でも、そこから最良の道を選ぶ。

 

 

 

それが自律神経失調症にも大切です。