日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

具体的にしましょう!

自律神経専門気功 上気元 小坂です(^-^)/


この症状治したい! この病がなかったら・・・。


その思いは皆さん同じ思いです。


ここで、もう一つ踏み込んで考えると、驚くほど改善が早くなります。


どうすれば良いのか?


それは・・・目標を出来るだけ具体的にする。


私の場合でしたら、社会不安障害の人前で文字を書くと震えてしまう

「書痺」になってしまいました。


この場合、「今年は書痺を治す。」では漠然としすぎて、

潜在意識まで届きません。


「書痺」になって一番恐怖だったのが私の場合、携帯の機種変更でした。


普通の方からしたら、「なんで?」と思われるかも知れませんが、人前で文字が書けない私からしたら、大問題だったのです。


・震えたらどうしよう。


・途中で退席できない。


・変な目で見られたらカッコ悪い。


考えただけで、憂鬱になってました。



その時に決めた目標が、「今年は書痺を治す。」ではなく、


「スマートフォンの一番カッコイイヤツにしている。」


 「人に字が上手いですね!と褒められいる。」 

 

この二つを壁に貼り付けました(^-^)/


イメージしやすい様にスマホの写真と綺麗な字の写真を添えて。



ここで重要なのが、期限を決めることです。


目標の前に、

「○月○日までに~なっている。」 「○月○日までに~言われている。」


家の中でなるべく目立つ所、常に見える所に貼っください。


「見られるのやだなぁ~」と言う方がいれば、

自分の手帳に貼り付けるだけでも大丈夫です。


潜在意識が目標に向けて動いてくれますよ~(^O^)/