日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

自律神経を小銭入れで回復。

自律神経専門気功 小坂です(^-^)/


自律神経系の心のお悩みを持っている方にぜひ意識的にやってもらいたいのが・・・「ゆっくり動く。」


これは日常生活で常に意識して欲しい言葉の一つです。


「早くしなくちゃ!」「テキパキやらなくちゃ!」「完璧にこなさなくちゃ!」

 

この意識があると、症状は中々改善されません(>_<)


こう思うことで、心から余裕を奪ってしまい逆に「テキパキ早く完璧に」動けません。


クライアントさまでコンビニで買い物する時に、

 

店員さんに「どうも。」までは言えるが、「どうも有難う。」まで言えない。


その理由を聞いてみると 「有難う。」まで言うのは長すぎる。

 

後ろに並んでいるお客さんに意識が行ってしまい、どうしても「どうも。」までしか言えない。


そこで、宿題ではないですが、お客さんが並んでない時に意識して、

 

「どうも有難う。」まで言うワークを無理ではない範囲でやってもらいました。


最初は中々言えなかったそうですが、

 

その内早口で言えるようになり今では自分のペースでゆっくり言えるそうです。


こういう小さな行動の積み重ねが、心の不具合を改善していきます。


ゆっくり動くワークでお勧めなのが、小銭入れを持つこと。


財布一つに札と小銭を一緒にしていると確かに楽なのですが、

 

別々に持つことによってゆっくり動く練習になります。


まずは慣れないと思いますので、一人で練習するのもありです。

 


慣れてきたらお客さんがいないコンビニで買い物してみましょう。


やれば分かると思いますが、店員さんも全く普通の顔してます(笑)


「早く!」「テキパキ!」「完璧!」「みんなが見てる!」と言う意識が強すぎる方には絶大な効果を発揮します。


僕も社会不安障害で悩んでいた時にやっていました。

「なんだ、いつもより少し時間が掛かるけど店員さん普通じゃん!」


常に「早く!」「テキパキ!」「完璧!」「みんなが見てる!」が頭に浮かんでいた僕には衝撃的でした(笑)


「ゆっくり動く。」ことにフォーカスして皆さんもぜひお試しください。


その動き全然普通ですから大丈夫ですよ~(^O^)/


しかも札と小銭を分けて持つと金運アップ!するそうです(笑)