日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

人はみんな意志が弱いです。

自律神経専門気功 上気元 小坂です(^-^)/


「今日こそやろう!」「今度こそ長続きさせよう!」


そう思っても、出来ないのは誰でもあることです。


また出来なかった。また続かなかった。


「私は意志の弱いダメな人間だ。」


こうして自己否定ばかりしていると、

 

心がどんどん「出来ない。」「無理。」


マイナスな感情に行ってしまい、それがストレスになり自律神経が乱れる原因になります。


そこで皆さんに知ってもらいたいことは

 

「人はみな意志が弱い。」

 


「そんなことないでしょ!ずっーと続けられる人もいるじゃん!」


そう思われるかも知れませんが、これは技術です。


知ってるか知っていないかの違いだけです。


皆さんも、一つは絶対に続けていることがあると思います。


例えば、「歯磨き」 


小さい頃、親に言われて嫌々磨いていませんでしたか?


最初から好きな人はまずいないと思います。


歯磨き粉苦いし、面倒くさいし。


今はどうでしょうか? 

 

僕は毎朝磨かなかったら気持ち悪いです(°д°;)


この歯磨きと言う行為、なぜ続けられるのでしょうか?


それは「習慣化」されたから。


習慣になってしまっているから、磨かないと気持ち悪い感覚に襲われるんですね~。


どうすれば、習慣化できるのか?


脳は短気記憶と長期記憶をつかさどる、二つの場所があります。


まず情報は短気記憶に運ばれます。


歯磨きでしたら、「歯を磨く」という情報です。

 

そのことを21日間続けると、長期記憶に運ばれます。


この長期記憶に入ると、情報が脳の深い部分に記憶され、


続けるのが当たり前と認識されます。


すなわち「習慣化」したということです。


前にも書きましたが、潜在意識は極端な変容を嫌います。


もし、ランニングを続けたいと思ったらいきなり走ることを僕はお勧めしません。



凄い地道な答えですが( ̄□ ̄;)

 

まずランニングシューズを履くことを21日間続けてみてください。


シューズを履くことが習慣化されれば、次のステップに行けば良いのです。


良く三日坊主と言う言葉がありますが、それは短気記憶にしかない情報なので続かないのです。


もし何かを続けていきたかったら、


まず21日間出来ることから始めてみてくださいね~(^O^)/


習慣化されて必ず次のステップに行けますから。


その積み重ねが潜在意識に成功体験として蓄積されて、


周りから意志が強いと言われるようになります。


 

自分には出来ないことを続けている人を見た時に、


「この人は意志が強いんだな!私なんかと違って・・・」


ではなく、


「この人は習慣化したんだな~。」と違う角度から見てくださいね~。


意志が強い=どれだけ習慣化したか?です。


僕もこのブログほぼ毎日書いているのですが、最初は凄い憂鬱でした~。


21日間続けようにもブログの場合、最初は一文字次は

 

一行など徐々に出来ませんので(笑)


そこでどうしたら21日間続けられるか考えました。


それはまず三日続ける。次に七日。次に2週間と区切る。


「ダメならまた三日から続ければいいや!」と軽く考え、


21日間を達成しました~(^O^)/


今では歯磨きまでとはいきませんが、だいぶ「習慣化」しちゃってます。


これから、書かない日も出てくると思います。


その時は「まっいいか!」の精神でっ(笑)