日本でここだけ 自律神経専門 気功整体

病院とは違った気功整体での解決法 こんなお悩みありませんか?

院長画像

院長/小坂晋一

・一義流気功施術許可
・ミラクルタッピングスペシャリスト
・リミットブレイクマスタースペシャリスト
・内閣総理大臣認証NPO法人心理カウンセラー1級 コーチング1級
・あるがままメソッド
・医療気功
・日本ねこ背セラピスト・インストラクター協会 インストラクター

自律神経専門 気功整体 上氣元の小坂 晋一です。 自律神経失調症と診断された方は日本に100万人。 さらに予備軍を含めると、5000万人にもなると言われています。 これは、日本人の約2人に1人が患っている計算になります。 自律神経失調症は今の時代、当たり前にある症状なのです。 ただ、これだけの方が苦しまれているのに自律神経を整える治療院は限られています。 西洋医学をもってしても、せいぜい薬で症状を抑えるのが現状・・・。 藁にもすがる思いで私の施術を受け、笑顔を取り戻していく姿をみると、この気功整体が今の社会に必要なのだと改めて感じています。 総合病院・心療内科・精神科・鍼治療・整体、どこに行っても改善しない方も多くいらっしゃいます。 自律神経失調症で悩まれている方の力に、この気功整体がお役に立てるのなら、こんなに嬉しいことはありません。

気功から見た「うつ病」と「新型うつ病」

自律神経専門気功 上気元 小坂です(^-^)/


気功の立場から見たうつ病と新型うつ病のことを書いてみました(^O^)/


うつ病の根本原因


潜在意識にある不合理な恐怖心「異常反応」がかなり関係しています。


異常反応とは0~2才児までに理性が吹っ飛ぶ程の肉体的衝撃を受けた時に発生します。


例えば、父親に殴られた。父親は手加減したかもしれません。


ただ本人からして見れば、命に関わる程の肉体的衝撃でした。


その時五感で感じたもの全てを、恐怖の対象としてインプットします。


・殴られて出た血の匂い。
・その時感じた温度や湿度。
・自分が着ていた洋服の色。
・天井の色。
・飾ってある額縁等・・・。


数えたらきりがない程のその情景を恐怖の対象とします。


その一つ一つが大人になっても潜在意識は恐怖の対象として認識します。


その状況にあったものが一つでも一致すると、


「なんかいつも不安だ。」
「いつもイライラする。」
「いつも怯えている。」


この様な精神状態に追い込まれます。


この辛い精神状態で普通に生きていくには困難を極めます。


ここで、人間がこの困難状況を打破するためにどうするかと言うと、



「全ての感度を下げる。」


・何も感じなくする。
・行動出来なくする。


こうすることにより命が守られる訳です。


この状態こそが、一般で言われている「うつ病」の症状です。


全ての感度を下げることにより、命を守っている状態と気功では
定義しています。


それならば、うつ病の大元の「異常反応」を解体すれば、

改善するのは明白です。


この異常反応を解体することで、

うつ病から回復している方が何人もいます。


新型うつ病の場合は、

顕在意識(自分で分る意識)にあるトラウマが関係しています。


例えば、会社で上司にこっぴどく怒られた。


それは異常反応までいきませんが、

自分の存在を脅かすくらいの衝撃だったかもしれません。


この時も、その状況全てを人間は覚えています。


・上司のネクタイの色
・ホワイトボードがあった
・机の並び順
・その時の温度や湿度・・・


ここでも上げたらきりがありません。


そのトラウマのせいで会社には行けない。

うつ状態になってしまいます。


ただ、自分の趣味に没頭したり、

普通に旅行に行けるのはこのトラウマがない場所だからです。


これが、「うつ病」と「新型うつ病」の違いです。


ただどこか旅行に行き、

そのトラウマを受けた状況と似た場所や人に会った場合、

イライラしたり、妙に不安になったりしているはずです。


気功の立場から見た場合、

トラウマは出来事に対して毒が入り込んだと解釈します。


その出来事の毒を抜けば、ただの出来事になるのです。


「上司に凄い怒られた。」と言うだけに変わるので、

その場で感じた状況に対して何の不具合も感じなくなります。



ただ、トラウマから毒を抜いても異常反応がある場合、

その出来事にまた毒を送り込んで来ます。


まずは異常反応解体がどちらのうつ病に対しても必須です。


また、うつ病の再発が非常に多いのは

この異常反応を解体していないというのが気功からの見解です。